FC2ブログ

  • Day:2008.12.30 12:02
  • Cat:雑貨
035.jpg

マルメ(スウェーデン)の作家さんのものです。
僕はコーヒーが飲めないので、紅茶をいただきます。
スタンプのように押した模様が可愛い。
よく見ると縁が欠けてます。
「形ある物はいつか壊れる。」です。
使う分には支障が無いので使います。
値段に関係なく、「大切に使いたい物」って良いですよね。
年初めにスウェーデン、デンマークへ勉強しに行って、日本の「使い捨て」「大量生産・大量消費」文化に疑問を持った一年でした。
来年は、それを形にしていこうとおもっています。

ということで、今年一年本当にありがとうございました。
「やる」と言っておきながらできなかった事がいくつもあります。
来年はそれらを片付けつつ、上記のような新しいことにも挑戦するつもりです。
これからもよろしくお願いいたします。

皆さんにとって今年一年はどんな年でしたか?
来年も今年に輪をかけて良い年でありますように。

classup

メリークリスマス!

036.jpg

日本人らしく。
思想、宗教、歴史関係無くイベントにしてしまう。
ウチでも子供たちのため、クリスマスケーキをいただきました。

最後に問題になったのが、サンタの砂糖菓子人形。
社長(2年生)と店長(年中)が取り合いに。
「半分にしなさい」と果物ナイフを置くと、店長は迷いも無くサンタの喉元に包丁を突きつけました。
「ちょっとまって!かわいそう!あたし要らない!」と社長があきらめた。

(お~~~、大岡裁きだ)と思っていたのですが、どうも不公平。
(本来の大岡裁きは、引いたほうにあげる。)

代わりにチョコレートをあげて、社長も満足。

で、店長は・・・・・
こんな感じでかじりまくってました。
2番目はたくましい。

店長、果物ナイフ持ったままですね・・・


***************
スキーツアーの価格変更のお知らせ。
保険への加入をお願いいたします。
500円、1000円、1500円のコースがあります。
ツアー料金7000円に上記のどれかを加えた金額になります。

詳しくは、参加者さまにご連絡いたします。

現在のところ、約半分くらいの余裕がございます。
ご連絡お待ちしております~

決まりました!

  • Day:2008.12.22 17:47
  • Cat:家具
032.jpg

1月23日夜出発、24日滑走!24日夜帰熊。
芸北国際スキー場でエンジョイ(古いですか)
芸北オークガーデン(温泉)でまったり。

バス代4000円、リフト代3000円合計7000円!
クラスアップからのお年玉です。

定員20名です。
当店のお客様優先ですが、希望者が少ない場合はお友達の参加も可です。
興味のある方はご連絡ください。

あと、参加者全員保険に加入していただきます(金額は数百円とのことです。こちらは後日)
飲食、道具レンタル、温泉(大人500円子供200円)で各自ご負担ください。

車内ではビンゴゲームでプレゼントもあります!

***************
今日、知らないハウスメーカーさんらしきところから「展示会の時だけ家具の無償レンタル」のお電話が。
会ったこともないところにレンタルなんてできません。
というか、知らない名前だったので本当にハウスメーカーさんかもわからないけど。

知らないひとからの突然の電話で、あなたの大切な物を「はい貸します。」なんて言えます?
怖いじゃないですか。
「貸すって言っただろ!」なんて怖い人が来たら。(冗談)
とりあえず、
「できなくはないですけど、御社とはお取引が無いので、お会いしてからでないと正式にはお答えできません。」
と、お伝えしたのですが、理解してくださったかどうか。。。

逆にお付き合いのあるところには喜んでお貸し出ししたこともあります。
(条件付ですが)
内見会のお土産を協賛したこともあります。
良くしてくださるところには何かをお返ししたい。
気持ちの問題ですな。

だいたい、電話勧誘が多すぎる。
断ると「ブチッ!」と切る。
断っても、同じ会社から何度もかかってくる。
勘弁してくださいよ。時間をとられて、嫌な気持ちにさせられて。
メールも、一日100通以上来るんだよね。
サンダーバード(メールソフト)君も大忙し。
時々間違って大切なメールもゴミ箱に入れちゃうし。結局僕が全てチェック。
はぁ。
手軽にできる勧誘とか営業とか勘弁してほしいなぁ。
DMくらいにしてください。
時間とられないですむし。

*********
ということで、1月はスキー・スノボ・雪遊びでストレス発散だ!

ご連絡お待ちいたしております。

オリジナル

  • Day:2008.12.14 12:46
  • Cat:家具
033.jpg

CU-001 sofaです。

低いデザインは圧迫感を生まず、同じく低いアームは横になった際の枕代わりにもなります。
帆布を使用し、サラサラとした肌触りを楽しめます。
自宅でも白いソファを使用していますが、普通に使う分には思ったほど汚れません。
(泥遊びをした子供が着替えずに座るとか、クレヨンで絵を描くとかは別ですが。)

あと、「薄い色は汚れが目立つから」というご意見も良くありますが、濃い色のソファは「汚れが目立たないだけ」で、汚れていないわけではありません。
その点、すべてのカバーを自宅でも洗えるこのソファのほうが衛生面ではお勧めです。
カバーリングでも「ドライクリーニング」だとお金も時間もかかりますしね。

こだわりポイントは座のクッションにもあります。
5層に作ったクッションは、耐久性と座り心地を両立しています。
店頭には、カットしたサンプルもございます。
ぜひご覧ください。

お値段は150000円(税、熊本市内送料込み)
展示品は98000円(税込み・送料別)にて。
100%国産でこの仕様で、この価格はなかなかありえません。

あと、展示品が売れてしまいましたので、現在展示品がありません。
予定では24日に完成予定です。

24日に店頭に並んですぐご購入頂ければ、まっさらの新品ですね。
狙ってください。
店頭に来られないお忙しい方は、予約受け付けます。

音楽三昧

031.jpg
中学校の音楽のレコード鑑賞の時間ドボルザークの新世界を聴いて、頭の中の一部がジーンと痺れて心地良かったのを覚えている。
あれから数十年。shigeさん宅で真空管アンプ+マランツのスピーカーで再体験。
時価ウン百万のシステムであろうから僕には手も足も出るはずもなく、とりあえずの品で空席だったアンプのポジションを埋めてみた。

7~8年前のマランツのプリメイン。

アンプやスピーカー単体に個性があり、その組み合わせで、音楽のジャンルにより向き不向きがあるそうな。(今まで10数年使ってきたMHC-J900EXは好きな音を擬似的に作る事ができたので、考えたことも無かった。)
纏め買いしたレコードの中で言えばラプソディ イン ブルーなんか良い感じで鳴ってくれる気がする。
(スピーカーとレコードプレイヤーがもちっと良ければ・・・)
しかしこのアンプ、高音に特徴があるようで。
shigeさん曰く「クラシック向きでしょう。」とのこと。
わけもわからず買ったにしては意中の品だったわけで。
まぁ、結構楽しい夜の時間を過ごしている。

ということで、協奏曲と交響曲の違いもわからないけど、とりあえずオーディオ&クラシックデビューしました。
↑「と、回りに言ってれば、いつか良い物(お下がり)が回ってくるかもしれませんよ」ということで、書いちゃいます。ビンテージなモノ希望(なんちゃって)

遊びのことばかりじゃナンナノデ。。
本日も工場へ打ち合わせ。
3000×1400の楕円のテーブルなんて。。。無茶な気もするけど。とりあえず。
ついでに、シェーカーとモーエンセンと陶芸と民芸の話を。。。。
いや、これは次回。

アダルトな夜

030.jpg

土曜日の朝。
突然夜の予定がなくなってしまった。
ふと思いついたのは、shigeさんとyuさんの顔。
突然ですが、今夜遊びに行っても良いですか?の電話をしたら「OK」の返事。

耳が凍るくらい寒い夜。
Mくんと半分こしたディチェコのn。11とワインをお土産にshigeさん宅へ。
それにしても、どーして光の森エリアは車が混むのだろう。。
熊本の道路、交通事情は本当に悪い。
今更ながらうんざりしてしまう。

暖かい色の照明に迎え入れられると、テーブルには既に料理の皿がずらり。
shigeさんはシェフ。料理は美味い。
shigeさんは陶芸も趣味。食器まで手作り。
shigeさんはもとプロカメラマン。マザーテレサや夏目雅子も取材してたって。
shigeさんはオーディオ、音楽に詳しい。
shigeさんは最近ひげをのばしてる。

shigeさんとyuさんは、僕のつまらない話をニコニコと聞いてくれる。

まぁ、そんなこんなで、
音楽と美味しい料理と楽しい話で、大人な夜はあっというまに過ぎていったのでした。

完成

  • Day:2008.12.06 16:38
  • Cat:家具
029.jpg

たまには仕事の話を。

オーダーにて製作させていただいてました食器棚完成しました。
納期の関係で工場から直接納品しましたので、様々な角度からの写真が無いのでゴメンナサイ。

さて、仕様。
高さ1820幅600食器棚とレンジボード。
ウォルナット突き板ウレタン塗装仕上げです。(一部デルナチュレ使用)
もちろん、塗料はシックハウス対策のもの。(安全第一です。)
炊飯器及びオーブン用の棚にはスライドレールを取り付けて、水蒸気対策してあります
背部の扉の関係で、レンジボードは奥行きを3センチ薄くしてありますが、設置時に面あわせでジョイントしてありますので、ずれも全くありません。
扉も隣に干渉しないようなものを使用。
コンセントも各段に取り付け。電子レンジは壁のコンセントから直接取れるように穴も開けてあります。
壁のコンセントも扱えるようにバックボードに開口部分を設けてあります。


ご新築のお宅にご希望通りの家具をお探しになられていたようですが、なかなか思い通りのものが見つからないということで、当店で製作させていただくことに。
お手持ちの電器製品のサイズから、使い勝手を考えて配置してあります。

手前味噌ではありますが、よくできてます。

お持たせいたしました。
末永く可愛がってあげてください。

残念ですが。

お子様連れのお客様でのトラブルが数件連続してありました。
入り口にご注意の張り紙をしたり、元気の良いお子様を見かけたら、僕が一緒に庭で遊んだりしてましたがそれにも限界があります。

ということで、
残念ですが、
「お子様お断り」
とさせていただくことにします。
当店はご存知のとおり、「展示現品を販売する店」です。
子供が床にお漏らしをしてしまった。
ガラスをベタベタと触った。
オーニングを壊した。
プライスカードを破く、他の所に移動させる。
そんなことはうるさくは言いません。
店のことですから。
ただ、家具や商品に関しては違います。
汚損、破損された場合、本当に欲しいと思ってくださった方に大変申し訳ないのです。
誰かの子供がよじ登って汚れたソファを喜んで買う人がいると思いますか?

子供は悪いと思わないでやっているのですから、罪は無いと思っています。
商品を投げる。
お菓子を手に持った子供がその手で家具を触る。
食べかけのガムを家具に塗りつける。
靴のままソファに上る。
登った家具から落ちる。
完全に親の管理に問題あり。だと思います。
親御さんが商品を見ていただくことに気をとられ、お子様から完全に目を離している結果事故が起こります。

重ね重ねですが、子供には何の罪も無いと思います。
親の責任、常識の問題。
小さな子供を持つ親は一般の方と常識がずれてきます。
私見ですが、飲食店でうるさくする、走り回る。
病院で具合の悪い子供(大人)が多い中、ついて来た元気な兄弟が暴れまわる。
親は何も注意しない。
おそらく、皆さん一度は目にしたことがある光景ではないでしょうか。
不快に思われた方も多いと思います。
「なぜだろう」と考えたのですが、
「いつも、そういう光景を見ているから。」麻痺してる。

ちょっと違う例を挙げます。
昔、僕が独身の頃「カーオーディオの音を小さくして欲しい」と同乗者に言われました。
僕は自分の好きな音楽を「いつもの」音量で聴いていたのですが、同乗者にとっては好きな音楽でもない「雑音」が大音量で鳴っている。
これも、大きな音に慣れて「麻痺してる」でも、他人からすると迷惑意外の何ものでもないわけです。

ご自身のお子さんは可愛いでしょう。
お漏らししても、吐いても、叫んでも、暴れまわっても平気でしょう。
可愛いし、そういったことは日常茶飯事で慣れてるから。
でも他人は違うということです。
「男の子だから(子供だから)暴れるのは当たり前。」というご意見もあるかもしれません。
典型的な「麻痺している方」のご意見です。
自宅ならそれでかまわないのです。
外に出たら「ルールを守る。他人の迷惑を考える」ということを教えましょう。
大きくなったら、直りませんよ。
(余計なお世話か)

現在庭に子供の遊び場(冷暖房つきの建物)を検討中です。
(芝だけじゃ冬は寒いしね。。)
予算の関係もありますので、それまで店としてできる最後の手段です。

当店を贔屓にしてくださる、良識ある皆様には「こんなくだらないルール」作って本当に申し訳無いと思っています。
抱っこしてか、手をつないでならご入店いただけます。
車に放置なんてできませんから。

最後に。
繰り返しになりますが。。。
僕自身ダメな親です。
「叱られなければならない大人」のグループに入るタイプの人間です。
が、あくまでも、「気に入ってこの家具達を買ってくださる方々の利益を守らなければならない」店の者として今回のような対処させていただくことにいたしました。
お許しください。

長くなってごめんなさい。

あっという間。

  • Day:2008.12.01 15:28
  • Cat:音楽
021.jpg

CDをアマゾンで買ったのだけれど、、、
持っていたオムニバスのCDに結構入っている曲ばかりで残念。
まぁ、ある意味僕好みのアーティストさんってことで。

「名機だから捨てないほうが良い」と言われ続けたアンプが逝ったのでそろそろ本当にアンプを探したくなった。
スピーカーも。
レコードプレイヤーも。
なんだ全部じゃないか。
でも、このジャンルの知識は皆無。
頼もしい味方shigeさんにTEL。
いろいろアドバイスしてくれた上に、店まで来てくれた。
ありがたやありがたや。

オーディオが揃ったあかつきには、いい音楽と僕デザインのリラックスソファとshigeさんシェフの料理が食べられる、shige’s BARを月に数回でも開いてもらいたいと密かに思っている。
(密かでもなんでもないか。)