FC2ブログ

第2回 スキースノボツアー

芸北国際スキー場にたどり着くことが出来なかった前回。

異常なまでの積雪だったのはその日だけという、いけずな天気君。
(もっとも、最高のパウダースノーだったから◎なのだけれど。)

ということで、もう一度チャレンジ。
2月の、どの週か、
「金曜日夜21:00頃出発~土曜日滑走~土曜日夜帰着。」で募集します。
行きたい方は、人数(参加人数&リフト券枚数)とご希望の日にちをご連絡ください。
出来るだけ多くの方が参加できる日を選びたいと思います。

因みに参加費用。
バス代4500円
リフト代3000円
保険500円(絶対加入していただきます)
合計8000円です。

前回バス代が赤字(つーか、その他は更にメチャクチャ赤字)でしたので、今回500円アップになってます。。。
それでも、何処のツアーよりも安いと思います。
(利益なしですから。)

096-338-3331(classup)
info●class-up.com(タイトルは、「スキーツアーの件」でお願いします。)
↑スパムメール対策で●にしてます。●を@に変えてメールしてください。


で、問い合わせ&お申し込みください。
お待ちしてます~。

スキースノボしないで、リフト券不要な「雪を見たい」という方もOKですよ。

大阪旅日記

大阪での出会いはプロフェッショナルとの出会いだった。

最初は僕の師匠でもある家具デザイナー。
僕の立てたコンセプトから、イメージを膨らませて形を作る。
これは、春頃の発表予定。お楽しみに。

次は「ダック電子堂」のオーナー。
師匠宅にあるスピーカーの音の良さに、ついつい行ってしまった小さな店。
オリジナルの真空管アンプも、特許を取得しているスピーカーも”凄い”の一言。
2時間レクチャーを受けて店を後にしました。
自分の音源を持って試聴しに数回通わないと売ってくれないなんてのも、職人らしくて◎。
(気に入った客は安く売ってくれるらしい(笑))

3番目は「つねちゃん」のオーナー。
ここには書けないくらいのプロっぷり。
(伝わらないな。)

4番目は椅子生地商社の方。
世界中を駆け回り、恐ろしいほどの量の生地を記憶している。
ヨーロッパからの高級生地輸入販売メーター数で日本一になったそう。

5番目は
お好み焼き「風月」のスタッフ。
客の前に鉄板があるにも拘らず、客には焼かせない。
ぐちゃぐちゃにかき回して、鉄板に広げたかと思ったらあっという間に形を整える。
ふらっとやってきてはチョチョイとひっくり返し、「もう少しですから」と、完璧な焼き加減。
フランチャイズのバイトちゃんと侮るなかれ。

6番目は
空港のみやげ物店のおばちゃん。
矢継ぎ早のセールストークに試食。
買わなきゃいけない気持ちになる。

7番目
最後は、霧の悪天候の中「福岡に回るか、関空に引き返します」というアナウンスの中、着陸寸前の機体の不安定さを微妙に調整しつつタッチダウンしたパイロット。

054.jpg
055.jpg
056.jpg

さて、僕もがんばろうっと。

  • Day:2009.01.30 16:30
  • Cat:家具
現在店頭にあるキッチンボードです。
053.jpg
ウォルナット突き板
W600 D470 H1835

52.jpg
W1200 D440 H1800

051.jpg

W590 D450 H1800

W800 D450 H1800

となっております。
それぞれ展示現品特価の一点物です。
小傷あるかもしれません。ご覧頂いて納得していただいたらお買い求めください。
大型商品につき再梱包資材の関係もあり、県外へのお届けはできかねます。お許しください。

classupとスキースノボツアー2009!イェィッ!

BGMは、「1/6の夢旅人」で。

行ってきました。
今回は全部で17名の参加。
23日夜出発24日滑走の旅。
本来でしたら、僕の友人マエダ君のバスで行く予定がドアにトラブルが発生。
急遽レンタカーで借りたバスでの旅になりました。

目指すは広島県の「芸北国際スキー場」
天気予報通り、中国自動車道を山口に入ったところで大雪。
チェーンを巻こうとしたら・・・あれれれ!
片方だけチェーンのサイズが違う。
ドライバーの機転でとりあえず使えるようになるものの、移動スピードが極端に落ちてしまう。
そんなこんなで芸北国際を断念し、(無理に進んだら、滑る時間が無くなる)現在地より一番近い「めがひらスキー場」に目的地を変更。

で、「めがひら」というか広島。
もう、なんというか、その、、、、アレです。
最高!
握っても固まらない、サラサラの雪が大量に!
子供たちもおおはしゃぎ。
ファンスキーのNちゃんパパは雪のふわふわで(浮力が得られず)ちょっと苦労しつつも、そこはベテラン。あっという間に雪を自分の物にしておられたようです。
その他のみんなもガンガン楽しんで滑っていたようです。
(そりゲレンデに居たので見てない。)
なんだかんだで、とにかく、滑って、食べて、滑って、温泉入って。
思いっきり楽しんで、帰りはスイスイー。

のはずが!!
下関から先が通行止め
小月インターチェンジのおじさんの優しさに感謝しつつ、関門トンネルから九州入り。
遅くなった夕食をとって、鳥栖インターまで三号線を南下。
深夜というか、早朝の帰着となりました。
お疲れ様でした。。。。


昨日の日曜日。
参加者のみなさん、ゆっくり休めましたか?
すぐにお仕事に出かけた方、出初式に出た方、いろいろいらっしゃったようですが、楽しかったことだけ覚えていてくださいね。

あと、今回ご応募間に合わなかった方ごめんなさい。
また来年参加してくださいね・・・と終わるところですが。

(芸北国際の前売りチケットが残ってしまった関係で)もう一度やります!
時は2月!
詳細は追ってこのブログと店頭にて!

料金は他のツアーよりも激安です。
絶対に行かなきゃ損!。
僕らも、参加者皆さんと同じ料金でファミリーで参加してます。
それくらい安い。
良かったら、参加してくださいね。

子供たちのも最高に楽しかったと言ってくれました!
049.jpg
048.jpg
046.jpg
044.jpg



で、誰もが認める。
今回一番頑張ったマエダくんに敬意を表して。
050.jpg
ありがとう。

撮ろう

042.jpg

常連さんのKさん

「あ、カメラ買ったんですよ」そう言って取り出して見せてくれたのはローライフレックス!のデジカメ。
覗き込んで撮ったり、巻き上げのギミックがあったり。可愛い。

彼女が撮っているのは、「路上に落ちているモノ」
僕もまだ見たことないし、ネットでも公開してないらしいけど、結構溜まってきたようで公開を楽しみにしている。
散歩がてら、サイクリングがてら撮る。
いい感じののんびり感。

僕からしてみれば、理想的な時間。

今日のファッションは「メーテル」と勝手に命名。
ごめんね。
で、カメラや写真から遠ざかりっぱなしの自分に反省。
pen-f、OM-1動くかな。

描く、描く、描く

  • Day:2009.01.18 17:25
  • Cat:雑貨
043.jpg

最近のお気に入りは、鍋。
というか、湯豆腐。

Hさんから、大量に昆布をいただいたので、連日贅沢に湯豆腐。
となると、どうも安物の土鍋が気に入らない。
大きすぎるのだ。シーズンオフの間、倉庫で家具と一緒に倉庫に保管していたのが災いしてか変な臭いまでする。
ということでどうせ買うならと、純一窯にオーダーすることに。

豆腐一丁の為にサイズを決める。
デザインを決める。
贅沢だ。

「浅くて広い鍋は、アルキメデスの原理じゃないけど豆腐を食べていくとお湯が減って、豆腐が半身浴になるのが嫌なんだよ。」
「なるほど」砥上氏
「どうせなら、チャウダー作りにも使えるのがいいなぁ。」わがままな僕。
「この取っ手が、伝統的土鍋だから変えたいなぁ。」更にわがまま。
「でも、長いこと使われて、この形に収まってるわけですからねぇ。」大人な砥上氏
「そうかぁ。」といいつつ、往生際の悪い僕。

砥上氏は、
「じゃぁ、作ってみましょうか」といきなり陶芸ライブを宣言。
「○寸(←忘れた)だと大体こんな感じですねぇ」とロクロでウネウネと形を作る。
「もう少し小さくてもいいかも。」
「10%縮みますから」
「ああ。そか。」素人の僕
「魯山人は、陶工(←名前忘れた)の作るのを見ながら、指示を出してモノを作ったらしいですよ。」
 ・
 ・
 ・
 ・
家具は図面を描いて作り手に作ってもらう。
実際出来た物は、若干イメージと違うことも多い。試作、作り直しも時間がかかる。
その点、この陶芸のレスポンス良さはとても魅力的だと感じた。

結局、作り手のイメージが出来たところでデザインをお互いに考え直すことで同意して、ライブ終了。

・・・・・・・・・・・・・

その後、砥上氏に無理を言って「陶芸体験の体験」をさせてもらう。

今から30年ほど前、祖父のロクロに触りたかった僕は「陶芸やりたい」と頼み込んだ。
可愛い孫の頼みなら。。。という思惑は、「無理。」と一蹴。
半日粘土で紐を作ったり、手捻りで皿作り。
楽しくもなんとも無い。
焼きあがった皿はデコボコで縮んで、みすぼらしかった。
それ以来、意地でも陶芸には手を出さなかった。

30年振りの粘土。
初めてのロクロ。
(意地を張ってたけど、逆を言うと常に、「やってみたいことリスト」の上位だったかもしれない)
いやぁ。。
意地張らずにやっときゃよかった。

今度は正式に行くことにしよう。

ということで、「HEROES(ヒーローズ)」のDVDを日本語吹き替えに切り替えて、広告の裏に土鍋キャセロールの絵を黙々と描いた夜でした。

長くなってごめんなさい。

純一窯

民芸

  • Day:2009.01.17 15:30
  • Cat:雑貨
040.jpg

民芸(民衆的工芸)を求めて、国際民藝館へ。
こんなに近くにあるのに、毎月隣にある神社には参拝するのに、、、今まで行かずにゴメンナサイ。

あまり良い評判は聞かなかったのもあって、足が向かなかったのですが、良い刺激を受けて帰ってきました。
「あれ?この景色見たことがある」的な間取りで、不思議な気持ちを体験しつつ。

良いモノを残せるよう頑張ろうと思いを新たにしたのでした。

帰りに陶器1つと手ふきのグラス2つを購入。
手作りっていいなぁ。。。


店長語録

  • Day:2009.01.14 14:33
  • Cat:家具
久々にやってくれました。
店長替え歌シリーズ。
(本人は真面目に歌ってます)

かぁさん おかたをたたきましょう~~ タントンタントンタントントン
かぁさん シラミがありますね~~ タントンタントンタントントン

シラミですか。。。。
髪シラミですね。きっと。
卵にも注意してくださいね。
(幼稚園で流行ってるのかな?)

039.jpg

  • Day:2009.01.10 17:06
  • Cat:家具
いろいろ書きたいことが
・・・浮かんでは消え。
・・・書いては消し。

で、書かず。

今月は24日(土)は皆さんとスキーツアーの為店休日。
27日は大阪の師匠のところへデザインの打ち合わせに行きますので、その日も。

ごめんなさい。

***************
「熊本には素敵な家具屋さんが無い」という言葉を良く耳にする。

単なる愚痴なのか、僕にそうなれという事なのかどうかは分からないけど。
素敵な家具を作りたいという願望は常にある。
今年は、師匠と合作で「熊本発」を改めて計画中。

追伸
熊本にも素敵な家具屋さんは沢山あると思うよ。
みんな頑張ってる筈だから。

2009年

  • Day:2009.01.05 13:48
  • Cat:家具
ということで、改めまして
あけましておめでとうございます
今年も宜しくお願いいたします。

今年は一日から、ある人と家具について熱いディスカッションを交わし、

「僕自身が、自宅で使いたくなるモノを作る」ということで決着。

まぁ、いつでもそういう気持ちで作ってきたし、実際自宅でも多く使っている。
日本は昨今の耐震偽装や食品の偽装問題等も含め、安心して生活できない国になってきてて、せめて僕らが作る物は、そうであってはいけないと思いを新たにしたということです。

ところで、あなたの家に

「孫子の代まで残したい物」がいくつありますか?

実際に家の中を歩いてみてください。
「自分がお金を払って買ったから」という理由以外で。ですよ。

どーしてそんなこと考えたかとというと。。。
母方の祖父母の家に年始参りに行くのが年頭の行事になっていて、今年も2日に行ってきたわけです。
築40年の祖父母邸は相変わらず、僕好みの家。
祖父母の言う「有名な建築家」さんに設計してもらったその家は、当時としては、かなりモダンであったろうし、現代にあっても見劣りしない家だと僕は思っている。
それを見て、「この家って残って欲しいなぁ・・・」としみじみ思ったから。

「孫子の代まで残したい物」
後世にも名前が残るモノなんて僕らには作れません。
が、買ってくださった方の「残したい物リスト」に入れてもらえるモノを作る!という気持ちで作っていきたいと考えています。

あ~。
言うことだけは、立派なんだよね。。。
がんばろ。

そういえば、初詣のおみくじは「大吉」でした。
4人家族のうち3人が「大吉」。
店長(4歳)だけが「吉」。。
思うに、殆どのおみくじは「大吉」のはず。
(参拝した人をがっかりさせない神社サイドの優しさというか、顧客サービス?)
にもかかわらず、店長の引きの弱さ。。。。

今年は店長(4歳)に特にやさしくしてあげよう。

2008年~2009年

  • Day:2009.01.05 13:23
  • Cat:雑貨
037.jpg
昨年の31日のこと。
デンマークからの荷物が。

出かけなきゃいけない時間だったけれど、我慢できずに開封。
038.jpg
イルマちゃんのキッチンクロス。

残念ながら、キャンバス地のイルマちゃんエコバッグは生産終了になってしまったようで、入ってなかったけど、次につながることを期待して一年を締めくくりました。

そうそう、30日に駆け込みでキッチンボード特注の依頼をいただきました。
正確なサイズは年明けてからご連絡いただくことになっているのですが、できるだけ天井ギリギリというビッグサイズ。
楽しみです。

で、年始の挨拶は、、、次の日記で。