FC2ブログ

板幅 木目 

  • Day:2015.05.28 22:28
  • Cat:家具
IMG_4258.jpg

話は戻ります。
ブラックチェリーのシェーカー風チェスト。
奥行き450mmの無垢天板。
今回は幅広の材が手に入ったので2枚で矧ぎ合わせております。
アマチュアとプロの違いに機械の(性能)大きさというものがあるのですが、板を削る「手押しカンナ盤」の幅がDIY用やセミプロ用のものは150mm程度です。
今回の板幅は300mm弱のもの削って切って矧ぎ合わせるので300mmの手押しカンナ盤で製作してあります。
これより大きい物は450mmというのは聞いたことはありますが作業は恐ろしいだろうな。。と思いました。

「手押しかんな盤」とペアで使う「自動かんな盤」は結構幅があるので、手押しかんな盤ではなく、手鉋で基準面を作り自動かんな盤に通すという作業をすれば広い材でも仕上げることが出来るのでしょうけどね。。
コスト(人件費)が大変なことになるので考えたこともありません。

木目に関してはいつも悩みます。
木表・木裏・木目・節・色・並べ方・反りの不安 etc
買ってきた材が全て思い通りのものであるとは限りません。
今回も結構使えない部分がありロスが出ました。

そして何より、私が好きでもお客様が好きではない木目。という可能性もあるということ。
こればかりはいかんともし難く。
「お任せで作らせてください」ということになっております。
まあ、「お任せ」だからこそ悩むんですけどね。

最後に。
今のところ「木目が嫌だ」と言われたことはありません。
^^;

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。